脂肪吸引の歴史は1980年代のフランス

脂肪吸引の歴史は1980年代のフランス

吸引する量が適切では無かったりして手術中にはとってもの出血もあったようで輸血が必要だったりとかなり危険なものでした。脂肪吸引の歴史は1980年代のフランスの医師ルイーズ氏が始めたカニューラ吸引法というものが始りです、今では大阪などでもよく行われている脂肪吸引ですが当時は上手くいかない事の方が多かったようそのためね。しかしこちらは昔の話で今は医学技術の進歩で安全さを確実に増しています、より効率良く理想のボディになれますね。欧米では脂肪吸引を脂肪彫刻(lipo-sculpture)と言う呼び方もするそうですよ。ただ痩せたいからといいますのから美しいシルエットにするものまで色んな種類が有ります、例えるそしたら芸術的な彫刻の様なもので脂肪吸引の仕方で美に近づけていくのですね。

トップへ戻る